オーエスキューブは、
ポストプロダクションである音響ハウスが提供する
「テレビCMオンライン運用」に対応したサービスです。

導入サービス

「導入相談」「導入サポート」「個別ニーズ」へ対応いたします。

素材搬入サービス

簡単便利でミスを防ぎ、手順の進み具合が一目瞭然です。IT用語を避けた簡便な表記となっています。

ポスプロサービス

「ファイル納品支援」「ポストプロダクション作業」のサービスを行います。

運用サービス

ID管理や請求方法など個別ニーズに対応します。

主な機能

オンライン素材搬入サービス

アップロード・チェック

制作会社やポストプロダクションから送稿用CM素材をアップロードした際に、自動的にハッシュ値を生成する仕組みとなっています。これによって、アップロード時にデータが欠損していないか、或いは第三者に改変されていないかをチェックしています。

フォーマット・チェック

ソニービジネスソリューション株式会社は、ソニーの再生機とMXFファイルとの再生互換性確認をサポートするツールを用意しています。一般的に用いられるPWA-MC1は、ファイル毎にチェック指示を行う必要があり、送稿事業には不向きなツールとなっています。 OHS3では、PWA-MC1のCheck Tool Libraryを組み込んでいますので、アップロード完了と同時に全ファイルの再生互換性が自動的にチェックされます。

クォリティ・チェック

放送品質を担保するために、ファイルの品質確認を行うQCソフトを組み込んでいて、30を越える映像と音声のチェックを任意で行うことが可能です。

項目として、MXFファイル構造(Profile: 4:2:2, Level: High)、フレームレート、アスペクトレシオ、ビデオサイズ、ビデオレベル、クロマレベル、ガマットエラー、フィールドドミナンス、ブロックノイズ、デッドピクセル、オーディオ位相、ラウドネス値(TR-B32)などが含まれています。

光点滅チェックも可能で、日本の放送局やポストプロで採用されているHarding FPAを、そのまま組み込んでいます。

*放送局の納品チェックを担保するものではありません。

メタデータ入力支援機能

XDCAM納品プリントでは、専用システムによるメタデータの入力が必需作業となっています。専用システムを持たない方にもメタデータの入力が可能なように、Microsoft Excelを使った「メタ入力支援ツール」を用意しています。

OHS3では、「メタ入力支援ツール」から出力した CSV ファイルや、別アプリケーションで作成したXMLファイルをそのまま読み込むことで、メタデータの一括入力を可能としています。

*「メタ入力支援ツール」は、日本ポストプロダクション協会のホームページからダウンロード可能です。

プロジェクト登録・管理

  1. 音響ハウスは、システムを利用していただく企業様と契約を交わし、IDを発行します。オーエスキューブ接続利用規約をご確認下さい。
  2. 利用していただく企業様は、必要に応じて、自らの権限でIDを追加発行し、運用することができます。
  3. 実際に素材をアップロードするポストプロ様は、広告会社様などから招待されるのが一般的です。

サービス仕様

動作OSと推奨ブラウザ

Microsoft Windows 10
Windows 8、8.1
Windows 7
Google Chrome
Mozilla Firefox
Microsoft Internet Explorer11
Microsoft Edge
Apple Mac OS X 10.12~ Google Chrome
Mozilla Firefox

*ポップアップブロックの解除等、特定のブラウザ設定に依存する場合がございます。

・システム稼働時間: 365日・24時間*システムメンテナンスの際は、事前告知させていただきます
・お問い合わせ時間: お電話受付     03-6263-0502  平日 9:30~18:00
メールお問い合わせ 365日・24時間